★ダメージが大きいセックスのコンプレックス


男のセックスに対するコンプレックスは、

ちょっとしたきっかけで生まれます。

?

ベッドの中で女性から言われた一言で

立ち直れなくなることさえあります。

?

私にも苦い経験があります。

?

じつは私は三七歳まで超早漏でした。

?

前戯には時間をかけますが、

挿入後たった一分で射精してしまう

という始末でした。

?

知り合った女性とセックスしました。

?

彼女が騎乗位になったとたん、

私はイッてしまったのです。

?

そのとき彼女は一瞬

「エーッ?」という落胆の声を口にしたのです。

?

その時の情景はいまでも覚えています。

?

それ以来その女性を

誘うことはできませんでした。

?

セックスのコンプレックスは、

想像以上に大きなダメージを与えるのです。

?

セックスのコンプレックスは、

他のなにかで補うことはできません。

?

人はコンプレックスをバネに

成長することがあります。

?

たとえば容姿に自信がなくても、

それをバネにして仕事で一流を目指したり、

スポーツが苦手でも、

勉強を頑張って周囲の人を

見返したりすることができます。

?

ところがセックスではそうはいきません。

?

「セックスに自信がないから、

それをバネに仕事で成功を勝ち取ろう」

?

こういう気にはなかなかなれません。

?

むしろ、いくら仕事で成功しても、

セックスのコンプレックスがあると、

もうひとつ堂々とできないところがあります。

?

しかしだからといって、

セックスのコンプレックスに

目をつぶることはできません。

?

セックスに関心がある限り、

セックスのコンプレックスはついて回ります。

?

セックスのコンプレックスは、

セックスが上達することでしか解消できないのです。

?

ではセックスが上達するには、

どうすればいいのでしょうか?

?

それは言うまでもなく、

スローセックスのメソッドを学ぶことが

一番最短で確実です。

?

アダム徳永