★自分に喜びを注ぐ秘訣


自分に喜びを注ぐことは

幸せになるための必要な条件です。

 

しかしどのように自分に喜びを

注いでいいかわからない人がいます。

 

そこでまず子どものころを

振り返ってみてください。

 

大したことでもないのに、

わけもなくワクワクしたことは

ありませんでしたか。

 

私は小学生のとき、

遠足があるとそれだけで

ワクワクしたものです。

 

クリスマスイブは

翌朝のプレゼントを想像するだけで、

興奮して寝れなかったものです。

 

子どもは天真爛漫です。

 

雪が降ればそれだけで大喜びです。

 

雨が降れば降ったで、

水たまりではしゃいだりします。

 

じつはこうしたところに

喜びの原型があります。

 

ところが成長するにつれて、

こうした感性は失われていきます。

 

「人生なんて楽しいものじゃない」

「つらいのが人生」

 

知らぬ間に自分に暗示をかけ

自分のワクワクする感情を

押し込めていくのです。

 

これでは自分に喜びを注ぐどころか

不幸の道を歩むようなものです。

 

あなたの喜ぶワクワクすることを

見つけるためには

まず自分の感情に素直になることです。

 

自分の感情に素直になるというのは、

快か不快かという感覚で

ものごとを判断することです。

 

じつはこの感覚こそ幸せになるための

もっとも頼りになるナビゲーターなのです。

 

もしあなたが何をすればいいのか

わからないなら

あなたが楽しいと感じることを

探してみてください。

 

自分の思いを大切にしてください。

 

そして何かを見つけたら、

それに関係することを実践してみるのです。

 

どんな小さなことでもかまいません。

 

ワクワクすること、

楽しいことをすれば、

興味の対象はどんどん広がります。

 

その先に自分のしたい

楽しい喜びを見つけることができるのです。

 

そしてその喜びが自分に注がれることによって

あなたは幸せを感じることが

できるようになるのです。

 

ちなみに私のワクワクすること。

 

サルサダンス 旅行 ゴルフ

自分の健康を管理すること

おいしいものを食べ歩くこと

妻とデートすること…

 

アダム徳永