★私の理想とする夫婦の姿


ちょっと初心にかえって、

初恋をした思春期のころに

時計の針を戻してみてください。

 

好きな人ができると、

寝ても覚めても彼のことが

気になって仕方なかったはずです。

 

燃えるような恋に憧れ

心を焦がした時期があったことと思います。

 

ところで人を愛するというと、

何かものすごく高尚なことのように

考えてしまします。

 

しかし愛するとは、

相手に関心を持って、

ちょっとした相手の変化に気づき、

ちゃんと相手に気を配って、

優しい言葉をかけてあげることなのです。

 

ドラマの台詞のような愛の言葉よりも、

サプライズプレゼントよりも、

もっと大切なことは、

相手を大切に思う気持ちです。

 

その温かい心の触れ合いが、

二人の愛を育てていくのです。

 

ところで愛が育つとどうなるでしょうか。

 

愛のエネルギーは安定していきます。

 

出会ったばかりの情熱的で

燃え盛るエネルギーから、

安定したエネルギーに変わっていくのです。

 

安定するからこそ二人は、

苦楽を共有して一緒に歩んでいけるのです。

 

そしてさまざまな

喜怒哀楽を重ねていくことで、

愛し合うふたりの間には、

深くて静かで穏やかな

愛の宇宙が広がっていくのです。

 

新婚時代のように

もっとドキドキしたい。

 

燃えたぎる情熱的な愛を体験したい。

 

その気持はよく理解できます。

 

けれども恋愛がスタートしたときに感じる、

心臓が張り裂けそうなラブラブモードを、

愛の最上級と思うのは間違いです。

 

燃えるような恋に憧れるのは、

男女が一つになるための需要な要素です。

 

しかしその想いは愛を

育ててくれるものではありません。

 

私は静かな愛こそが

愛の最上級だと考えます。

 

何気ない日常の生活の中で

たがいを気遣いながら大切にし合う。

 

「一緒にいるだけで幸せ」

 

これが私の理想とする

静かな愛の完成形です。

 

 

アダム徳永